インフラとメタマクス

Pythonでインフラとメタマクスを利用してイーサリアムブロックチェーンのネットワークにWeb3 スマートコントラクトを配備する

ビジネスニーズによってウェブスリースマートコントラクトを設計できます。次の仕事がどうやって一つのリアルブロックチェーンにビジネスニーズに会えることを配置するのか?

さらに、スクリプトは、テスト目的であろうと、ユーザー エクスペリエンスの向上であろうと、シームレスにブロックチェーン ネットワークとスムーズに対話できます。

この記事では、インフラ、メタマスク、および Python を使用して Web3.0 で機能させる方法について詳しく説明します。この作品は、以前のガナッシュ スクリプトに基づくアプローチを共有します。

次目:インフラとメタマクスを利用してイーサリアムブロックチェーンのネットワークに Web3 スマートコントラクトを配備する

インフラ(Infura)

ウェブ2.0と違って、ウェブスリー世界中でHTTP URLを使って指定的なネットワークに繋がることがありません。これらのネットワークにアクセスのために、一つ言われるクライアントをインストールする必要です。それを通じて、イーサリアムに繋げるエンドポイントを開発できます。でも、もっと複雑になるだけではなく、コストがもっと高くなってしまった。以上なので、インフラお勧めの理由です。

ウェブスリースマートコントラクトをGanacheに配備したDApp開発テスト環境を建てる方法

インフラとは、直接的にイーサリアムネットワークにつなげるエンドポイントを提供するというプラットフォームです。インフラを使用されたら、スマートコントラクトに届かれた要求それとも書かれた記録がいつもイーサリアムネットワーク上に記録になります。同時に、インフラを通じて、ブロックチェーンは要求された情報も返事できます。

前回のシェアによって、ウェブスリーモジュールを使ってGanacheのローカルHTTP protocolを繋がる。もしリアルのイーサリアムネットワークに接続しなら、インフラはPythonスクリプトに使用できるHTTP protocalとプライト鍵を提供されます。

例えば、我々のケースはGoerliのテストネットワークを利用する。(テストしなければ、リアルのネットワークに接続できます、直接的に)。このネットワークを選択した後で、以下のコードをコピーしてスクリプトにペーストします。

# for connecting to Ethereum network

w3 = Web3(Web3.HTTPProvider(

"https://your http address"))

メタマスクIDのアドレスとプライと鍵

間違いなく、メタマスクは今までウェブスリー世界中で最も人気使用ウォレットです。2千1万以上の月間アクテイブユーザーがあるメタマスクはもちろん、メタマスクのインターフェイスがいいので、ブロックチェーンと対話する機能が有効になります。

つまり、DAppを開発してテストしていれば、一つ最も適切なウオレットは必ずメタマスクです、コストが低くてログインと支払いがDAppで機能することもできます。

さらに、メタマスクはインフラで機能可能です。したがって、DApp に組み込まれた Web3 スマート コントラクトは、Infura を介して MetaMask に接続できます。

ウオレットアドレスを手に入れるように、メタマスクアカアンドIDをコピーする必要でPythonスクリプト中の my_addressの変数にIDをパーストして行きます。

my_address = "your metamask ID address"

private_key = os.getenv("PRIVATE_KEY2") 

 もう一つは.envファイルにメタマスクアカアンドにプライト鍵を加えて覚えてください。

source .env

ブロックチェーンネットワークの種類

ブロックチェーンネットワーク種類はたくさんがあります。毎ネットワークが各自のIDがあってこのネットワークが代表されます。例えば、GoeriliネットワークのIDが5です。

chain_id = 5

様々なネットワークIDについて、chainlist.orgに探して手に入れます。あるいは、Pythonスクリプトを実行した後で、現在に使用されたネットワークにアクセスされたチェーンIDを応答されます。

イーサリアムブロックチェーンのネットワークに Web3 スマートコントラクトを配備する完全バッジョんのスクリプト

もしPythonでインフラとメタマクスを利用してイーサリアムブロックチェーンのネットワークにWeb3 スマートコントラクトを配備するが興味があったら、”ウェブスリー 2”を追加してニュースレターをご申し込みください。申し込みを受け取り次第、すぐにおスクリプトを添付してお送りします。

Pythonでインフラとメタマクスを利用してイーサリアムブロックチェーンのネットワークにWeb3 スマートコントラクトを配備するという文章を読むタイムに楽しんでいただければ嬉しいです。もしできれば、以下の選択中には一つ、二つを選んでEasy2Digitalチャネルを応援したら、誠にありがとうございます。

  1. 幾つでもいい、PayPalを通して寄付してください。(paypal.me/Easy2digital)
  2. Easy2DigitalのYoutubeチャネルを登録してください。(Easy2Digital Youtube channel.)
  3. #easy2digitalのハッシュタグを付けてソーシャルネットワークでこの文章をシェアしてください
  4. Easy2Digitalコンテンツの更新と注文割引コードを受け取るように、ニュースレターをご申し込みください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です