Featured Video Play Icon

フェイスブック広告キャンペーン – 売上 vs クリック目的のキャンペーン目標戦略

フェイスブック広告での売上とクリック目的のキャンペーンに関するアドバイスをシェアしております。どちらがビジネスに適しているかすぐに導入して売上を促進できる方法を参考できます。よろしくお願いします.

フェイスブック広告キャンペーンについての目次

フェイスブック広告キャンペーンとは何ですか?

いつでもfacebookを使用する時には、友達からいろいろなニュースフィードを見えるだけではなく、左隅の上部に広告アイコンがあるニュースフィードも出くわすかもしれません。これらはビジネス投資での広告目的のコンテンツです。フェイスブックを除いて、メタ生態中にの他のアプリが様々な広告もあります、例えば、インスタグラム, Whatsapp, Messengerなど。

以下は一つのメタ広告形式のサンプルでございます。

キャンペーン使い方とキャンペーン層の種類

2021年9月までに、フェイスブックの世界における月間ユーザー数 29億1,000 万人があります。驚くにはこの数が日本、中国、米国とヨーロッパ全体の人口に等しいです。つもり、ビジネスに関しては、たくさん適格的な客様に定めしたくなら、これが巨大な広告チャンスを暗示していますから。

フェイスブック広告戦略は一言に簡単な説明が難しいでけけど、基本的には三つのパーツ、それとも三つの層種類があります。何でもの広告に適用されています。

キャンペーン層

何でもの広告キャンペーンを生成しなら、まずにキャンペーン層に設置が始まります。この層では主にキャンペーンの目的を選択するためです。2021年12月22日から、フェイスブック広告のキャンペーン目的をこれまで11種類から6種類になりました。以下はまとめでございます。

キャンペーンの目的(2021年12月22日前)キャンペーンの目的(2021年12月22日後)
ブランドの認知度アップ
リーチ
動画の再生数アップ
認知
トラフィックトラフィック
エンゲージメント
動画の再生数アップ
メッセージ
コンバージョン
エンゲージメント
リード獲得
メッセージ
コンバージョン
リード
アプリのインストール
コンバージョン
カタログ販売
アプリ宣伝
コンバージョン
カタログ販売
来店数の増加
売上

広告セット

この層ではいくつかの大切な戦略設置をしずにはいけません。基本的にはマクロ次元とミクロ次元という二つ要素があります。

マクロ次元
  • コンバージョントラッキングの場所選択(ウェブサイト、アプリ、Messenger, Whatsapp)
  • 指定したマーケット、都市、地域と行き先の選択
  • デバイス:デスクトップ、モバイルとタブレット
  • 室内Wi-Fi、モバイルネットワーク
  • 言語、性別、年齢
ミクロ次元
  • 広告セット予算設置
  • 広告セット入札価格(CPM)
  • 広告セットオーデイエンスの確率論的と決定論的データ戦略設置:興味、行動、プロフィールのファン、エンゲージメント歴史、メールデータ、Lookalikeとリターゲテイング

広告クリエイティブ

この層では適合的な広告形式と広告位置を選択されます。選択がキャンペーン目的の選択に影響されます。なので、いくつかの位置それとも形式選択が不可能になるかもしれません。詳しくは気をつけてください。

フェイふブックがどうやって目標を達成するためにの適格的なトラフィックを特定する。

フェイスブックピクセルとコンバージョンを適合的位置にインストールすると、フェイスブック自身のAI効能がウェブサイトそれともアプリからのビジネストラフィックデータを自動的に学べる。この学びプロセスとは広告とか、オーガニックからのトラフィックデータを利用してメタ自家データをマッピングしてみてから。このマッピングの結果がキャンパーン目的を最適化できるの客様データを探せると、やっとキャンパーン活躍を上達できる

売上 vs クリック目的のキャンペーン目標戦略のアドバイス

クリック目的のキャンパーンは主にたくさん適格的なトラフィックを導入することが集中しています。つもり、やっと売上をできるかどうか最も重視になりません。なので、もし最初からはっきりした売上目標があったら、売上目的のキャンパーンを利用して始まる戦略がもっと適合だと思います。以下はこの戦略の理由です。

  • 初めての適格的な客様をマッピングの階段で、広告コストは購入未準備のオーデイエンスト上に無駄されないべきです。購入準備の客様を探すことが集中するはずです。
  • クリック目的キャンパーンより、トラフィックがもっと少しになって、でも、この戦略には産品についての自身キャンパーンコンバージョン率がもっと的確ですから、もしかして最も高いコンバージョン率を手に入れてから、参考価値があります。
  • 高いコンバージョン率をわかった末、この基準によって産品の値段とか、販売方法とか、産品選択とか、広告最適化方法も調整できます。

売上目的のデータ戦略に関しては、自家客様のメールデータが始まって、広告キャンパーンでLookalike効能を利用します。そして、もし活躍によくなった後で、フェイブックの自家データも利用して始まってもいいと思います。

クリック目的利用して売上を拡大します

売上目的の短所はもちろん潜在的な客様のサイズです。だから、売上目的のキャンパーンを運営した後で、現在のサイズがキャンパーん上限に達してしまいます。もしその時間に来て、もっと売上を拡大すれば、クリック目的キャンパーンを始めるはずです。

以上の場合を除いて、他の場合暗示がこのタイプのキャンパーん始まりの時間です。例えば、新しい製品を販売する時には、ビジネスの競合が強烈ではありませんから、定めできる客様のサイズがちょっと少しですから。えと、もし販売されている製品値段がもっと高いながら、ブランド認識がマーケットにちょっと低い時ですから。以上の両方の場合はクリック目的キャンパーンが適合です。

つもり、以下はクリック目的キャンパーンのメリットです。

  • 膨大なトラフィックをウェブサイトそれともアプリに導入できます。
  • 大きな客様サイズに貴社の製品独自のセールポイントを価格を紹介できます。
  • 潜在的な客様のデータを集めてあとで、リターゲティングキャンパーンが可能性になります。

もう一つのことを忘れないでください。売上目的より、クリック目的キャンパーンの予算は早く使い果たしてしまうから、予算の上限設置は慎重にしてください。

まとめ

どちらにもメリットとデメリットがありますから、貴社の状況によって、この文章のアドバイスを参考して、フェイスブック広告キャンパーンを準備しておいていきます。

フェイスブック広告キャンペーン – 売上 vs クリック目的のキャンペーン目標戦略の文章を読むタイムに楽しんでいただければ嬉しいです。もしできれば、以下の選択中には一つ、二つを選んでEasy2Digitalチャネルを応援したら、誠にありがとうございます。

  1. 幾つでもいい、PayPalを通して寄付してください。(paypal.me/Easy2digital)
  2. Easy2DigitalのYoutubeチャネルを登録してください。(Easy2Digital Youtube channel.)
  3. #easy2digitalのハッシュタグを付けてソーシャルネットワークでこの文章をシェアしてください
  4. Easy2Digitalコンテンツの更新と注文割引コードを受け取るように、ニュースレターをご申し込みください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です