1 VR仮想現実 (Visual Reality)

仮想空間上に実在感を構築する技術、不動産や観光分野でも利活用が進む。

すると、VRとARの技術が結びつき将来はMRが実現される。

MRとはMixed Reality混合現実ということでございます、現実空間と仮想空間を混合した上で、リアリティを構築する技術。

2 デザインーシンキング (Design Thinking)

デザイナの考え方をまねるための方法論常に生活起点で発送する

技術を起点とするアプローチ、それすると、市場と起点とする方法の後で、これまでのやり方では人間を起点とするアプローチ。

3 分散型メデイア (Fragmented Social Media)

自社ウェブサイトを持たないメデイア企業がマーケティングへの活用も

自社ウェブサイトにコンテンツをおかず、ソーシャルメデイア(Youtube, Facebook, Twitter, Instagram, Wechat)などに直接コンテンツを配信する。コンテンツを消費する場所がウェブサイトからソーシャルメデイアなどへ移ったことが背景にある。企業がマーケティングを目的に、分散型メデイアの考えを活用するケースも出てきている。

4 インフルエンサーマーケティング (KOL)

ソーシャルインフルエンサ、例えばYoutubeなど人気者を起用して訴求高い広告効果が見込め、市場は拡大中。

Youtube、Weibo, Wechatで注目を集める人気者を活用したマーケティング手法。企業の商品を使ってみた動画などの制作を投稿者に依頼した、多くの視聴ものにみてもらう。純広告による訴求に比べて、消費者が投稿者からのメッセージを受け入れる可能性が高いです。

5 データドリブンマーケティング (Big Data/Data Driven Marketing)

データに重きを置く合理的な手法、企業内のデータ環境の整備が課題。

商品の売れ筋や顧客の行動パターンを、これまでのようなマーケティングのけいけんに基づく勘ではなく、データに重きをおきて分析を行い、より合理的なマーケティングのPDCAサイクルを確立する手法。現在、分析と施策運用のテクノロジーと人材はまだ十分に備わっていないが、早期の取り込みが期待される。

6 動画広告 (Online Video, programmatic video ads buy)

テレビCMと同様の効果を求め一気に普及インストリーム型が大きく成長する見込みだ。

主にウェブサイト上において動画で訴求する広告を指し、再生される場所やパターンで種類がある。ナカでも、動画コンテンツ視聴ときに差し込むされるインストリーム型が今後成長すると予測されている。今後はテレビCMなどとくみあわせ、消費者への最大リーチを狙った広告出稿が増える見込みだ。

Youtube trueview ads, in-stream ads, video ads programmatic buy.

7 AI (Artificial Intelligence)

人間の感情を推定認識できる人工知能、ターゲティング広告の精度向上などに応用

現在はパソコンのカメラで撮影した顔の表情から、感情を分析する手法が主流だターゲティングの精度向上など、マーケティングのパーソナライズ化を進める際に貢献しそうだ。

8 リアル行動ターゲティング (Real Time Marketing)

位置情報などのリアル行動データを活用しターゲティングを堀り起こす新たなマーケター思考

ネット上の検索や観覧行動のデータだけでなく、位置情報など、消費者のリアルな場での行動データなども統合。これまで見えにくかったターゲット層のぼり起こしなど、様々な活用が期待されるマーケティング手法のこと。ネットマーケターだけでなく、リアルなチャネルのマーケターにも新しい機会を提供する基盤となりそうだ。

9 データコープ (Data Cooperation/Data Trade/Data Library)

マーケティングデータを企業間で共有他社のデータを使い広告やメールを配信

特定のサービスやツッルを利用する企業間で、広告のターゲティングやアクセス解析などのデータを共同利用し、精度をあげてより効率的なマーケティングを実現する取り込みだ。

別のデバイスからアクセスすると同一人物と認識できない「データの断片化」を防ぐ試しみも登場した。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *